老眼にも最適

近視が治る

任せてください

最近は日本でもレーシック治療がよく知られるようになりました。日本人は近視率が高く、メガネやコンタクトレンズで視力矯正をしている人が日本人の人口の70%〜80%ほどもいると言われています。 それほど近視率が高い日本で、レーシック治療が普及しているのは当然のことと言えます。レーシックは角膜を剥がしてレンズの屈折を矯正する治療です。レーシックの手術は麻酔をして行うので感覚も痛みはなく、15分〜30分ほど終わり、30分ほど休憩したら帰れます。 レーシック治療ができる医療機関が増えているのでどこで治療を受けたらいいのか迷っている人も多いかと思います。治療費の安さだけではなく、保証期間も考えて選ぶことをお勧めします。

老眼にもレーシック

レーシック治療をすると裸眼の視力が0.01以下でも1.0以上に回復できます。また、レーシックは近視対策、遠視対策、乱視対策だけではなく、老眼対策にも有効です。老眼は加齢によって水晶体が視力を調整できなくなり、近くのものが見えなくなる症状です。老眼レーシックをすればそうした老眼独特の症状も改善できます。 老眼レーシック治療は目の中にカメラやレンズなどの異物を入れる手術が多いですが、慣れると気にならなくなります。 老眼レーシック治療すれば老眼鏡を持ち歩かなくてもよくなり、読書も快適にできるようになります。料理、手芸、華道、旅行、登山、油絵など、様々な趣味も老眼鏡なしで出来るので充実した老後が送れます。