トラブルの回避

レーシックとは何か

医者

視力を良くするために、近年ではレーシック治療を受ける方が多くいます。このレーシック治療とは、レーザーを照射して角膜の屈折を矯正する手術のことです。角膜を切開してフラップを作り、それをめくることでレーザーを照射します。 そもそも目が悪い人というのは、目のレンズのピントが合っていない状態です。それによって、物がぼやけてよく見えない状態になります。レーシックでは、レーザーで屈折率を変えてピントが合った状態にするということです。レーシック治療は、近視・乱視の矯正とともに、遠視矯正にも適用されています。 手術に要する時間は非常に短く、15分から30分程度しかかかりません。また、レーザー照射時間は僅か数秒と短いのが特徴です。

レーシック治療というのは、目の視力矯正を図る上で効果のある施術です。しかし、近年では、目がぼやけたりするなどのトラブルが多く発生しています。手術したクリニックでは治療されずに、他のクリニックを転々とする方も多いです。このような患者さんをレーシック難民と呼んでいます。 レーシック難民にならないためには、病院選びが大切になります。まず一つ目の注意点は、レーシック手術の実績の多いクリニックを選ぶことです。実績が十分備わっているということは、それだけ技術が高い医師がいるといえるからです。その他にも、施術後のアフターフォローをしっかりしているクリニックを選ぶことも大事です。何かトラブルがあった場合、無料でケアしてくれるクリニックなら安心だからです。上記のことに気をつければ、トラブルになることはないです。