短時間で治療できる

虫眼鏡

視力の低下によって、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正している人は少なくないでしょう。また、レーシック治療は短時間で完了するので、長時間に渡って病院にいないと行けないといったことがありません。また、あっとう間に終わることによって心理的負担を和らげることが出来ます。日頃からメガネの着用が煩わしかったり、コンタクトレンズのケアが面倒と感じている人にとっては、レーシックは魅力的な視力矯正方法であると言えるでしょう。また、レーシックの仕組みとしては、レーザーを用いて角膜を削っていきます。最初にフラップという蓋をつくり、めくっていくという方法を行なっています。フラップで蓋をして目の保護を行ないます。入浴や運動によってシワになってしまうことがあるので、術後のケアは慎重に行なっておくべきであるといえるでしょう。

レーシック治療を受けた直後は目の乾きが気になったり、少しの光でも眩しいと感じるようになってしまいます。そのため、手術後は車の運転といった行動を控えておくべきと言えます。思わぬ事故に遭わないように、帰りの事を考えて交通機関を利用して来院しておくことが大切です。また、しばらくは眼科で目を休めることが出来るため、視界を確保出来るように行なっておくとよいでしょう。また、矯正の効果を確認するためにも、定期的に通院を行なっておくことが必要になります。状態を把握していきながらレーシックの矯正効果をアップさせていくようにすると良いでしょう。